葬儀と通夜の違いとは

葬儀前の通夜を行う時間帯

葬儀に参列できない場合

一般的に通夜は遺族や近親者、親しい友人など故人と関わりの深い人が集まり、夜通し遺体に付き添って最後の別れを惜しむプライベート色が強いものです。よって特に親しい関係でなければ葬儀に参列します。しかし都合により葬儀の代わりに通夜へ行っても構いません。この場合、夜通し付き添うかと言うと、その必要はありません。通常は午後6時か7時頃始まり、僧侶の読経、参列者の焼香などで1時間程度の所要時間です。その後に飲食が供されるのですが、これを受けるか否かは故人との関係の深さで決めて結構です。いずれにしても故人を偲ぶ気持ちを忘れずお見送りをしてください。

お通夜が執り行われる時間

葬儀は、故人が遺された人たちとお別れをする、心理的にも重要な時間です。家族や近親者だけでなく、仕事で関わった人も数多く訪れる事になります。本来であれば、お通夜は親類縁者のみが故人と最後の時間を過ごすといった意味合いのあるものでしたが、最近ではライフスタイルが多様化し、より多くの人が式に足を運べるよう、お通夜か告別式のどちらかに参列するというのが一般的になっています。葬儀の中では、だいたい夕方から夜にかけて行われる事が多く、平日であっても仕事の後などに駆け付けて最後のお別れをする、という流れになります。

↑PAGE TOP